小沢研究室では、加速器を用いて宇宙元素合成過程の核実験的研究や不安定原子核の核構造の研究を行っています。

実験は筑波大学のタンデム加速器だけでなく、千葉県の放射線医学総合研究所や埼玉県の理化学研究所などの大型加速器施設を利用します。

測定装置の開発から実験、解析にいたるまでのすべてを理解できる点でとてもやりがいのある研究室です。

2016年に命名された原子番号113のニホニウムの発見など、不安定核にはまだまだ未知のことがたくさんあります。不安定核という自然界に存在しない原子核や装置開発に少しでも興味を持っている人はぜひ私たち小沢研究室に立ち寄ってみてください。

    更新履歴

2017年7月12日 ホームページをリニューアルしました。