加速器質量分析:Accelerator Mass Spectrometry

筑波大学AMSグループ

HOMENewsAMSシステム研究テーマメンバー修了生資金論文発表リンク連絡先

Home

筑波大学AMSグループのホームページへようこそ

筑波大学AMSグループでは,筑波大学研究基盤総合センター応用加速器部門(UTTAC)を研究拠点とし,主に36Clや129Iなどの長半減期核種を用いた環境科学・地球科学分野の応用研究を進めています.

UTTACでは,既存の12UDペレトロンタンデム加速器に代わり,6 MVペレトロンタンデム加速器を導入し,2016年3月から稼働を開始しています. 新加速器システムには,専用AMSイオン源とビームライン,測定・解析システムが搭載され,10Be, 14C, 26Al, 36Cl, 41Ca, 129Iの測定が可能な国内最大のAMSシステムが利用可能となります.

AMSを用いた共同研究を提案したい方は,ご連絡をお待ちしています.

インフォメーション

2019/10

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(11月分, 12月分)が公開されました。

2019/09

・2019年9/8〜13日にホテルドンジョバンニで開催された5th International Conference on Environmental Radioactivityにおいて当グループのメンバーが2件の発表をおこないました.

・2019年9/18〜21日に北海道大学札幌キャンパスで開催された第80回応用物理学会秋季学術講演会において当グループのメンバーが2件の発表をおこないました.

・2019年9/24〜26日にいわき産業創造館で開催された日本放射化学会第63回討論会(2019)において当グループのメンバーが3件の発表をおこないました.

2019/08

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(9月分, 10月分)が公開されました。

2019/06

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(7月分, 8月分)が公開されました。

2019/04

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(5月分, 6月分)が公開されました。

2019/03

・博士前期課程の太田祐貴さん(数理物質科学研究科化学専攻),高野健太さん(数理物質科学研究科物理学専攻)と学類生の浅井駿佑さん(理工学群化学類),横山大輝さん(理工学群化学類)が学位を取得されました。

2019/02

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(3月分, 4月分)が公開されました。

2019/01

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(1月分, 2月分)が公開されました。

2018/12

・2018年12/17, 18日に日本大学文理学部で開催された第21回AMSシンポジウムにおいて笹公和准教授が基調講演をおこない, 他に当グループのメンバーが6件の発表をおこないました. また, 院生の高野健太さんと落合悠太さんが若手優秀発表賞を受賞しました.

2018/11

・12/3 16:30~からNewton祭主催の研究室訪問をおこないます。筑波大学AMSグループに興味のある学部3年生の方はぜひご参加ください。

2018/10

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(11月分, 12月分)が公開されました。

2018/09

・2018年9月5〜7日に岡山大学津島キャンパスで開催された日本原子力学会2018年秋の大会において, 当グループのメンバーが1件の発表を行いました.

・2018年9月11〜13日に琉球大学千原キャンパスで開催された2018年度日本地球化学会第65回年会において, 当グループのメンバーが4件の発表を行いました.

・2018年9月18〜21日に名古屋国際会議場で開催された2018年第79回応用物理学会秋季学術講演会において, 笹公和准教授が招待講演を行いました.

・2018年9月18〜20日に京都大学吉田キャンパスで開催された第62回放射化学討論会において当グループのメンバーが3件の発表をおこないました。

・2018年9月23〜27日にウィスコンシン大学マディソン校で開催されたThe 51st symposium of the north eastern accelerator personnelにおいて, 笹公和准教授が招待講演を行いました.

2018/08

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(9月分, 10月分)が公開されました。

2018/06

・2018年6月17〜22日にノルウェー科学技術大学で開催されたThe 23rd International Radiocarbon Conferenceにおいて, 当グループのメンバーが2件の発表を行いました.

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(7月分, 8月分)が公開されました。

2018/04

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(5月分, 6月分)が公開されました。

2018/03

・博士後期課程の本多真紀さん(数理物質科学研究科化学専攻)と博士前期課程の細谷青児さん(数理物質科学研究科物理学専攻), 学類生の落合悠太さん(理工学群物理学類)が学位を取得されました.

・2018年3月13〜15日に高エネルギー加速器研究機構で開催された第19回「環境放射能研究会」において, 当グループのメンバーが2件の発表を行いました.

・2018年3月26~28日に大阪大学吹田キャンパスで開催された日本原子力学会2018年春の年会において, 当グループのメンバーが1件の発表を行いました.

2018/02

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(3月分, 4月分)が公開されました。

2017/12

・2017年12月15,16日にセラトピア土岐(岐阜県土岐市)で開催された第20回AMSシンポジウムで当グループのメンバーが6件の発表を行いました. 院生の細谷青児さんが優秀口頭発表賞を受賞しました.

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(1月分, 2月分)が公開されました。

2017/11

・2017年11月20〜25日に中国・桂林の広西師範大学で開催された第7回東アジア加速器質量分析シンポジウムにおいて当グループのメンバーが5件の発表を行いました. 笹公和准教授と松中哲也助教は招待講演を行いました. また, 院生の細谷青児さんが最優秀学生口頭発表賞を受賞しました.

2017/10

・6 MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(11月分, 12月分)が公開されました。

2017/09

・2017年9月6〜8日に筑波大学で開催された第61回放射化学討論会において,当グループのメンバーが9件の発表(口頭:6件、ポスター:3件)を行いました.(発表詳細).本学会は末木啓介教授が大会長を務められました.また, 院生の細谷青児さん(数理物質科学研究科 物理学専攻 M2)が若手口頭発表賞を受賞しました.

・当グループの本多真紀さん(数理物質科学研究科 化学専攻 D4 (特別研究員-DC2))が日本学術振興会における平成30年度海外特別研究員に採用されました.

2017/08

・6MVタンデム加速器実験のマシンタイム予定表(9月分,10月分)が公開されました.

・2017年8月14〜18日にカナダ・オタワで開催されたAMS-14において,当グループのメンバーが7件の発表(口頭:2件、ポスター:5件)を行いました.(発表詳細)


これ以前の情報については,Newsを参照してください.

インフォメーション




Copyright (C) 筑波大学AMSグループ. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt