Kinput2 パッチ

Kinput2 + Canna での日本語入力がハングしてしまう場合のパッチです。

内部では XIM のプロトコルエラーが発生しています。
入力スタイルが On-the-spot(その場入力変換)の場合に発生し易くなります。
XFree86 と kinput2 を使っている全てのシステムで有効なはずです。

このパッチを kinput2-v3.1 に当てて、再インストールして下さい。

--- lib/imlib/imconv.c.org     Wed May 28 16:51:44 2003
+++ lib/imlib/imconv.c Wed May 28 16:52:55 2003
@@ -591,6 +591,9 @@
}
}
IMFinishRequest(conn, offset);
+#ifdef STATUS_SYNC
+    IMFlush(conn);
+#endif /* STATUS_SYNC */
}

/*- preeditCaret: do actual preedit caret -*/

最新の FreeBSD ports japanese/kinput2-* にはこのパッチが含まれています。

kinput2 開発元には連絡済みです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-10-29 (金) 14:31:12 (5008d)