TeX から PDF への変換

TeX から PDF ファイルを作成する方法はいくつかありますが、手軽な方法から順に説明します。

LaTeX について

LaTeX2e で書きましょう!
つまり、\documentstyle でなくて \documentclass です

PostScript? フォントを指定しましょう
つまり、\usepackage{times,mathptmx} を入れます
但し、そうすると xdvi によっては正しく表示されませんので、校正段階では PostScript? フォントを指定しないほうが無難です

PDFTeX を使う

PDFTeX は TeX ファイルから直接 PDF ファイルを作成します
日本語は扱えません
コマンドは

 % pdftex file.tex       <= TeX の場合
 % pdflatex file.tex     <= LaTeX の場合

PostScript? フォントが指定されていないと、TeX フォントをアウトライン化したものが PDF に埋め込まれます
フォントのエラーが発生するようならば、dvipdfm を使用しましょう
図の貼り込みは graphicx パッケージでのみ可能で、図の形式は PNG, JPEG, MPS, PDF のみ可能です(EPS はこれらに変換しないといけない)

dvipdfm を使う

dvipdfm は DVI ファイルから PDF ファイルを作成します(日本語パッチが当たっていれば日本語が扱えます)
dvipdfmx ならば日本語が扱えます
先ず、tex か latex で DVI ファイルを普通通りに作成します

 % latex file.tex
 % dvipdfm file

PostScript? フォントが指定されていないと、TeX フォントをアウトライン化したものが PDF に埋め込まれます
EPS が include されていると、自動的に PDF に変換して貼り込んでくれます(ghostscript が使用される)

ps2pdf を使う

ps2pdf は PS ファイルを PDF ファイルに変換します
内部では Ghostscript を使用しています
埋め込まれたフォントがビットマップに展開されてしまうという欠点がありますので、PostScript? フォントが指定されていないと、綺麗に表示できない PDF が出来てしまいます
日本語フォントもビットマップになってしまいます(古い Ghostscript の場合)

 % latex file.tex
 % dvips file.dvi > file.ps
 % ps2pdf file.ps file.pdf

Distiller を使う

Adobe Distiller は PS ファイルを PDF ファイルに変換します
先ず PS を作成し、それを Windows か Macintosh にコピーし Distiller で変換します
英文の場合には dvi2ps でなく、dvips を使用します
PostScript? フォントが指定されていないと、綺麗に表示できない PDF が出来てしまいます

PostScript? フォントが指定できない時

dvips で TeX フォントをアウトライン化したものに代替させます

 % latex file.tex
 % dvips -P cmps file.dvi > file.ps

この PS ファイルを Distiller で PDF に変換します(ps2pdf はだめ)

dvips でフォントを代替させて作成した PDF を画面表示させた場合
TeX フォントをアウトライン化したものが埋め込まれている
画面も印刷も綺麗

日本語 LaTeX の場合

可能ならば、PostScript? フォントを指定します
指定できないなら dvips で代替させます
それもできないなら PDF 化はあきらめましょう
PS ファイルを Distiller で PDF に変換します


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-06-16 (木) 16:03:46 (5263d)