Canna の使い方 [unix 一般]

Canna って何?

  • Canna(かんな)はかな漢字変換プログラムの1つで、サーバとして動きます。つまり、一人一人が動かすのではなく、1台の計算機に1つだけ動きます。
  • サーバの名前は cannaserver です

どうやって使う?

  • Emacs/Mule から使う -- Egg(たまご)という emacs/mule 内のプログラムを経由します。
  • Kterm や xfig, tgif から使う -- Windows や Mac での日本語FEP のような使い方。kinput2 というプログラムを経由します。

Emacs/Mule から使う準備

  • Emacs/Mule の設定 -- .emacs に以下を追加する
(if (and (boundp 'CANNA) CANNA)
(progn
(setq canna-server "localhost")
(load-library "canna")
(canna)
;(load-library "term/bobcat") ; BS と DEL を交換
)
)
  • Emacs/Mule を起動すると、ウインドーの下にある表示行は かんな[--] となる。

Emacs/Mule での日本語入力

  • C-o で英数字入力と仮名入力が切り替わる。
  • 現在の入力方法は emacs/mule の下の表示行に示される。"かんな" あるいはブランクは英数字入力、[ あ ] は仮名入力。
  • 仮名入力の時、スペースを入力すると漢字変換モードになる。表示行は [漢字]。
  • 漢字変換モードの時、再度スペースを入力すると候補が一覧表示される。表示行は [一覧]。
かんな  <== C-o ==>[ あ ] === space ===> [漢字] === space ===> [一覧]
英数字入力        仮名入力 <== return = 漢字変換 <== return = 候補表示
  • 漢字変換の2回目は必ずカタカナが候補となる
  • 漢字変換でのキイの割り当て
    • space 次の候補を表示する
    • return 確定
    • C-o 文節伸ばし
    • C-i 文節縮め

注意

  • 日本語入力中でのカーソルキイは emacs/mule を X window で使用している時しか使えません!
  • 文字端末(-nw で起動した場合)で使用する場合には以下のようなキイを使用する(トホホ)
    • C-f カーソル右、右候補、右文節選択
    • C-b カーソル左、左候補、左文節選択
    • C-n 次、次候補
    • C-p 前、前候補
  • X window での emacs/mule は [Backspace] キイを [Delete] キイと同じ機能に割り当てるので、Canna の1文字削除ができなくなってしまう。その場合は ~/.canna というファイルにこう書く
(load "/usr/local/lib/canna/default.canna")
(global-unbind-key-function 'delete-previous)
(global-set-key "\Delete" 'delete-previous)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-10-29 (金) 14:31:12 (5494d)